2019年6月5日、当科と琉球大学の合同ウェブカンファレンスが開催されました。

カンファレンスは、島袋教授の「生命予後、健康長寿を指向する糖尿病治療」とするオープニングリマークスのあと、当科助教の山崎聡から「早期ライフステージに注目する生活習慣病発症の新規メカニズムの解明と対策」としてレクチャーがありました。続いて琉球大学岡本特命講師から「食嗜好性を決定する脳内メカニズム~糖尿病診療における新しい視点~」のレクチャーをいただき、最後に琉球大学益崎教授からの「糖尿病と腸脳相関」とするクロージングリマークスで閉会しました。

それぞれのレクチャーで最新の考え方を知ることができ若手医局員にとり大きな刺激になりました。今後当科と琉球大学の共同研究の進展が大いに期待されます。